top of page
  • info091858

オブジェク指向でExcelファイルをデータベースで管理する

更新日:2023年11月6日

Excelを使って、業務では様々なシートを作り 運用している事と思います。

・見積書を自由にカスタマイズしたり ・計画表やカレンダー等にスタッフデータをリンクさせたり ・特別な計算式を使って分析結果を求めたり ・受注状況や工程を管理したり

このような多種多様な管理を長年続けていると、 ファイル数が膨大になり、検索するのが大変だったりします。

また、Excelシートの内部のデータから 欲しいブックを見つけるのにも苦労することでしょう。

なので、基幹システムのデータベースとExcelデータを紐付けしたいのですが、 これもなかなかうまくいきません。

では、どうしたら良いのでしょうか。

そこで弊社から、一つの方法をご提案します。

「4D」という、業務用データベースアプリケーションを 高速で簡単に開発できるツールがあります。

この4Dのデータベース内部には 「オブジェクト指向」のプログラミング手法が採用されており 非常に柔軟にデータを保存し、管理することが可能です。

様々なレイアウトの異なるExcelシートを データベース内部に格納することができるのです。

これによって何ができるかと言いますと、

・シート内部のデータの検索 ・データベースの内部の定義されたフィールドとシート内部のセルデータの同期 ・シート内のセルデータを元に様々なグラフの出力

等、色々な事が可能になります。

ある程度のオブジェクト指向で データベースに最適化されたプログラミングコードを組み込む事により、 業務の中で一層パフォーマンスが上がる事が期待されます。

AccessやFileMakerを使用している企業様で 同様な事で苦労されている場合には、一度検討してみてはいかがでしょうか。

閲覧数:0回0件のコメント

Comentários


bottom of page