top of page
  • info091858

オーダーメイドの製造業様向け「生産管理・工程管理・販売管理ソフト」開発ならお任せ!

更新日:2023年11月6日

製造業の企業様で、Excelやパッケージソフト、クラウドWEBアプリを使われている または、検討されている企業様はいらっしゃいませんか。

一般的な工程、組み当て等を伴う企業様で、 例えば、金属加工業、プラスチック加工業では 見積段階から仕入商品をそのまま販売するのではなく、 材料を仕入れたり、加工したり、時には乾燥融着等の時間を設けたり、 不良率、欠品率など、複雑な工程が伴い、 それが製造原価に適切に計上したりして、非常に苦労されてる事が多いです。

通常の企業様では 企画、見積、受注、着手、工程、完成、請求、入金といった流れがあると思いますが、 製造業関連の企業様は皆、それぞれ独自の業務フローを持ってみえる事が多いと思います。

そこで自社にあった生産管理や販売管理ソフトを探すとなると、 なかなか自社にあったソフトが存在しません。

Excelのシステムですと、手入力やコピー&ペーストの部分が増えたり スキルを持った人材がそろわなかったり、 また、パッケージソフトを使っているが、工程や請求の仕組みが特殊なために 一部は別のソフトとあわせて使い、同じデータを何度も入力しなければならないといった ケースがよく見受けれらます。

そんな場合は自社専用のオーダーメイドの 企画、製品仕様、見積、受注、工程、発送、販売、入金管理ソフトの 開発を検討してみてはいかがでしょうか。

自社に合わせた最適な企画、見積、受注から入金、 そして、営業分析までを一連の流れで自動で処理がソフトにより可能になります。

例えば生産計画での所要量など、 将来の生産計画や需要予測についても独自の仕組みや分析チャートが組み込めるため、 素早く欲しい情報や分析結果にたどり着く事が可能です。

製造業様にとって、将来の調達や生産計画は非常に大きなテーマになっており ここが解決できると、人材確保や経営面にも非常に良い効果がもたらされると考えられます。

在庫管理についても、一般的なパッケージソフトではなかなか自社の業務に合わないため 他のシステムを手入力を交えながら、行なっている企業様も多いです。

もし、自社専用ソフトであれば、 独自の生産計画、所要量計算、調達ルールに合わせてソフトが処理してくれます。

要は業務をソフトに無理やり合わせるのではなく、 ソフトが業務に合わせて動いてくれる訳です。

中にはオーダーメイドにもかかわらず、 パッケージソフトより低コストで開発できたケースもあります。

また、見積から、受注、工程、発送、請求、入金、営業分析を自動で行えるので 5人でまかなっていた事務部門が自社専用ソフトの導入により、2人で行えるようになり しかも、ミスや誤入力も大幅に減ったとの声をいただいてます。

開発の完成納期についても、弊社独自の高速開発ツールを活用していますので 驚くほど短期間で導入が可能です。

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page