top of page
  • info091858

失敗しないシステム開発で好評です!

更新日:2023年12月11日



これまで、様々なシステム開発をみてきましたが、開発を途中で断念したり、出来上がった頃には仕様が合わなくなったりと内容は様々です。



そこで失敗するケースにおいて、大きなポイントがあると考えています。


  • 経営層あるいは決定権者がITの知識が乏しい

  • 詳しくても総合的な知識ではなく部分的な知識

  • 詳しいように見えるが知識に誤りがある


その結果として、開発会社、開発手法、開発言語が合っていない場合があります。 これらのミスジャッジにより何が起きるか。


  • 開発納期が遅れる

  • 開発コストが大きく膨れる

  • 当初発注した仕様から大きく変更される

  • 出来上がった頃には、時代が変化して、業務に合わない

一方、現場サイドでは、


  • 生産効率が落ちる

  • ミスが増える

  • ビジネスチャンスを逃す

  • システム在庫と実在庫に狂いがでる

  • 売上高が減少する

  • 減価率が上がる

  • 納期が遅れる

最終的には


  • 事業の廃止、見直し

  • 最悪、倒産に・・

弊社ではこのような状況をどのようにしたら解決していけるのか、30年近く4Dという高速開発データベースツールを使い、企業様の課題を解決してきました。


「失敗しないシステム開発」にご興味がございましたら、気軽にご相談ください!

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page