top of page
  • info091858

見積・納品・請求書へのデータ入力時間を短縮します!

更新日:2023年11月6日

見積、納品、請求などの

データを入力するのは大変


見積書や請求書をPCソフトにて作成する場合において、明細を入力する段階では、まだ多くの企業様では、手入力で行っているところが多いです。


一部には、紙の伝票をOCRで読み込み、テキストデータに変換して修正して、取り込むといった特殊な手法で行われているところもあるかもしれません。


明細データの入力は現在でもまだ手間のかかる業務になっているかと思います。


そこで私たちから提案があります。


明細データの入力を簡単にする方法があります。


4Dという高速開発ツールを使うことでこんな事が可能になります。


使い慣れたExcelの見積、納品、請求などのデータを、従来であれば明細データを1行ずつ作成しなければなりません。


そこでこの仕組みを使う事により、


例えば


Excelデータをコピー&ペーストで、販売管理ソフトの明細に取り込む事が可能になります。


2時間かかっていた見積書の作成が10分に

これにより、見積、納品、請求などの伝票入力にかかる時間が大幅に短縮されます。


●見積依頼から見積発行 ●納品時の納品書発行 ●請求時の請求書発行


このような場面のレスポンスがよくなり、 取引先からも

「見積書がすぐにもらえるので、仕事が進め易い」

と好評です。


Excelと4Dの組み合わせでビジネスを成功に


操作の柔軟性に優れたExcel、インターフェースの柔軟性に優れたデータベース、4D このふたつを組み合わせることにより、新たな可能性が開かれる事を期待しています。

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page