top of page
  • info091858

高速開発ツール「4D」と「FileMaker」を比較!


前回、「4th Dimension(4D)」の記事を書きましたが

「もう少し詳しく知りたい」「4Dでどんな開発ができるのか?」 「4DとFileMakerは何が違うの?」

といった方に分かりやすくご理解頂けるように、今回は、4DとFileMakerを比較し そのメリットとデメリットを簡単に紹介したいと思います。

今までのシステム開発との違い

4DもFileMakerも「高速開発(RAD)ツール」であるため、短期間でシステム開発ができ、「工数の削減」が期待できます。 また、「高速開発」が可能なので「※アジャイル」的な開発手法に向いています。

※”アジャイルソフトウェア開発 (agile software development) は、 ソフトウェア工学において迅速かつ適応的に ソフトウェア開発を行う軽量な開発手法群の総称である。”

FileMakerのメリット

・初心者にたいして敷居が低く、簡単に綺麗なUIのデータベース・システムが作れる。 iPad、iPhoneなどスマートデバイスへの展開が簡単。(ワンコード・マルチデバイス:他の技術や他言語によるコーディングが不要であり、PC以外のデバイスにも容易に展開できる。) ・「情報共有型」のソリューションを始め、小~中規模のシステム開発に最適である。

FileMakerのデメリット

・プログラミングベースでの細かいデータ操作に弱い面がある。 ・データベースのポテンシャルが、「SQLサーバ」や「Oracle」ほどではない。 ・大規模な「ウォーターフォール型」開発では、利点を発揮しにくい。

4Dのメリット

開発・運用環境が統合されている。(バージョン管理がしやすく、保守・メンテのコスト削減が期待できる。) ・MS Accessの手軽さで開発でき、MS SQLサーバ並みのデータベース・ポテンシャルを持っている。(中規模以上のシステム開発に適している。) ・社内で技術者を育てられれば、「内製化」の強力なツールとなる。 少人数(1~2名)の開発者で一つのシステムを構築できる。

4Dのデメリット

・「4D言語」という独自の言語を改めて学ぶ必要性がある。(4D開発者からは「非常に効率の良い開発言語」と認識されています。) ・日本国内で、4Dの開発者の人数が他技術(Microsoft系やapple系)の開発者よりも少ない。(「4D Japan」に相談すれば、技術者の紹介が受けられる。) ・知名度が低い(プロモーションにそれほど力を入れておらず、関連書籍等も少ない)ため開発者の育成が難点。

まとめ

4DとFileMakerの比較について、簡単にまとめてみると、、

小~中規模なデータベース開発は、4DでもFileMaker でもOK。 中規模以上のシステムや、実装内容が複雑な(プログラミングのウエイトが高い)場合は4D。 マルチデバイス(iPad、iPhoneなど)対応やWeb展開を簡単に行いたいのであればFileMaker。 「内製化(支援)」や「高速開発」は、4DでもFileMaker でもOK。

というような感じになるかと思います。

4DもFileMakerも、優れた「高速開発ツール」です。

今後もますます増えるであろうお客様のシステム開発のニーズとして、 「早く」「安く」「使える」がさらに重要視されると思われますが、 4DやFileMakerを使った「アジャイル開発」であれば そのようなお客様ニーズは実現可能です。

また、システム開発の選択肢についても 「外注」「内製」だけではなく、 「内製化支援」や「協同開発」など 今まで一般的ではなかったサービス形態を選択したり または、それらをミックス(ハイブリッド化する)ことで、 お客様の満足度が向上したり、 新たなビジネスモデル考案のきっかけになります。

そのような中で、どのような手法でお客様とこの先の時代を ”共存共栄”できるのが、私たちの課題だと考えます。

ご興味を持たれた方やもっと詳しく知りたい方は

お問合せはお電話でも承っております↓

TEL:058-383-2295

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

「システム/ソフト開発」「業務改善」「内製化支援」等に関する お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。

担当者がお返事させて頂きます。

【当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)と、 中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。】



閲覧数:5回0件のコメント

Commentaires


bottom of page