top of page
  • info091858

Power BIをさらにパワーアップしよう!

更新日:11月6日

今回は、Power BIをこれから使ってみたい方や 既にお使いの方に どのように活用していくのが 最適なのかをご紹介いたします。

PowerBIで可視化するだけではもったいない?

売上管理や財務管理、キャッシュフローなどの 様々な場面でBIツールを使った事のある方や 使ったことはないけど、見たことはあるという方は いらっしゃると思います。

既にこのPowerBIをお使いの方! ただ単純に日々の売上を見るだけに 終わっていたりしていませんか?

よく耳にする話では、最初はもの珍しくて見ているけど 少し経ったら今はもうほとんど見ていない 状態になっているということを聞きます。

では、何故そうなってしまうのでしょうか? 売上が画面でグラフ化され出たとしても、 お使いの方は「何をすればいいのか分からない」 という方が大半だと思います。

BIを活用して本当に知りたい情報は 売上だけではないはずです。 本当に知りたい情報は、例えば、主力商品が過去と比べて 極端に売れ行きが増えたり、 減ったという情報をいち早く知ることだと思います。

そして、その問題点に対して次にどんな手を打てばいいのかの 打開策を検討することが出来ると思います。

BIを活用されている方々は、過去と現在を対比して、 「伸びているのか」 「衰退しているのか」「何が問題なのか」 「何が課題なのか」「どう解決できるのか」 といった、分析結果を知りたいと思うはずです。

上記のように考えると、単純に売上を可視化するだけでは、 中々売上向上や業務改善が難しいのがご理解頂けたかと思います。

可視化させたその先の分析方法

では、どうすればBIをお使いの方が、 本当に知りたい事を可視化して分析することができるのでしょうか?

一般的に企業様の場合は、 基幹システムのデータベースに様々なデータが保存されています。

このデータベースから単純に売上データだけを取り出し、 PowerBIに表示させるのではなくサーバーから売上データを含めた様々な データを取り出して、綺麗に整っていない状態のデータを加工し整え PowerBIで見たいデータをしっかり可視化させ、 徹底的にユーザーにとって必要な状態に近づけます。

あとは、PowerBIでデータを可視化させるだけで、 ユーザーが本当に必要な情報が表示でき、 分析し対策することで生きた価値のある可視化ツール になるのではないでしょうか。

不要在庫の低減、需要予測、定点監視、売上高度分析など、 本当に抱えている問題はこんなプロセスを経て 解決することができるかもしれません。

もし長年抱えている問題や課題があれば、 このPowerBIを活用することで解決の方向へ向かうかもしれません

PowerBIを導入したいという方やご興味を持たれたかたは、ぜひお気軽に弊社までご相談ください!!

閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page